不動産投資術と競売代理入札

 長い超低金利時代が続いています。株式投資は不安定であり、銀行に預けても金利はほとんど付きません。今後、どのようにして財産を守り、殖やしていったらよいのでしょうか。デフレ圧力はすこしずつ弱まってきています。ワシダの実践してきた財産の殖やし方を、不動産投資術として下記に公開します。


300万円で家を買い、年間60万円の賃収を得、年利20%の獲得法
300万円で家を買い、5年賃貸して、その後2倍の600万で売る方法


ポイント  誰も入札しない残りものから福をさがす

 最近の不動産競売は、落札者に有利な法整備が整い、競売専門業者だけではなく、一般の方でも入札しておられますので、なかなか安価で落札できないのが現状です。つまり誰もが良いと思う物件には入札者が集中して値が上がり、安く手に入らないのです。そこでワシダがお勧めする方法として、期間入札には入札せずに、誰も入札しなかった物件の販売をしている特別売却物件に注目するのです。競争相手がいないので、最低価格で落札でき、20パーセント以上の利回りを確保している事例もあります。注意点としては、人気がなかった理由の分析と、どうしたら収益物件にできるかがカギであり、スペシャリストの目が必要になります。


ポイント 加工して大きく輝く原石物件を探す

 上記に記載した「どうしたら収益物件にできるか」の問題の解決方法のひとつとして、きれいにお化粧直しをする方法が一般に行われていますが、建築業者の言いなりに、やたらに改装費用をかけても、物件が輝かないのでは、意味がなく採算も合いません。ワシダでは改装をする際に、材料の選び方や使い方や組み合わせをよく検討し、職人の手を物件に輝きを持たせるために効率よく使います。不動産の付加価値を上げるための建築技術や建築センスは、一般建築とは違い、売れる不動産に加工するための建築技術や建築センスが必要であり、同時に、技術やセンスが活きる物件(原石物件)を選べる能力も求められるのです。原石物件を選別し、効率よく改装加工して、大きく輝かすことができれば、賃貸物件としても、後の売買物件としても格段の高値で売却できます。

競売物件情報公開サイトはこちらです。

利回りの確保や高値転売を確約するものではありませんが成功例はあります


ポイント 収益率(利回り)は立地が重要

 賃貸物件の収益率を上げるための欠かすことのできない要素として、物件の周りに人の集まる場所や施設があることです。周りに何もない誰もいない所で物件だけが輝いていても、きれいですねとは言ってくれても、住んでくれるものではありません。アパート・マンション・貸家等の経営は、人の集まらない所にある物件は経営が成り立たないのです。